『けものフレンズ』に自動運転とAIの幸せな可能性を見た【編集部便り】

大ヒットアニメ『けものフレンズ』を見てズドドっと刺さった本記事担当編集。車好きならではの見方をしたこともあり、誰かに「すげえよかったよ!」と言いたくもあり、そんな思いのたけが漏れ出た記事です。正直かなり公式記事っぽくないので、本エントリが突然インデックスから消えたらまあそういう事情だったんだなとお察しください。以下、公式ツイッターでポロッと呟いたら大変反響が大きかった内容を、増補改訂版でお届けします。なお好きなフレンズはアルパカさんです。

文:Web編集部 写真:けものフレンズプロジェクト、Shutterstock.com


※大変恐縮ですが、本記事は当該アニメ作品に興味がない方にはまったく響かず、しかもネタバレまで含むコンテンツです。申し訳ありませんが、『けものフレンズ』を見たことがないという人は今すぐブラウザを閉じるか別記事へ飛ぶかBlu-ray版を購入して見ましょう。お薦めです。

夢の技術が詰まった超高機能車両、「ジャパリバス」

いきなりですが、『けものフレンズ』を見ました。

モデル動物の特徴をよく捉えたキュートで癒し系のキャラクター、謎めいた舞台設定と世界観、ほんわかと幸せな気分に浸れるシナリオ構成、張り巡らせた伏線を怒涛の終盤でほぼすべて回収し、そのうえきっちり感動させる演出力、全編をとおして染み込むように学べる動物の豆知識などなどなどと、多くの魅力を持った作品であり、普段あまりアニメを見ない本企画担当者も、友人から薦められて「とりあえず3話まで」と見始めたところ、気づいたらAmazon Videoで全話購入してました。たーのしー。

『けものフレンズ』公式サイトはこちら

本作は放映開始直後から、多くの側面からの考察記事が多数出ておりました。そんな中で本記事担当編集はひっそりと、第2話からずっと「ジャパリバス」が気になっておりました。

 

サーバルさん一人で持ち上げられるほどの超軽量化技術、水没しても立ち木に激突しても問題なく起動できるどころか傷ひとつつかないボディ周りの耐水・耐衝撃性能、長期間屋外に放置してもまったく劣化が見られないタイヤと電装系パーツ、WRCマシンを彷彿とさせるラリージャンプ(オープニング映像のみ)可能な動力性能、そして何より軽量コンパクトにもかかわらず数時間の充電で広いパーク内を自在に移動でき最終話まで途切れることなく駆動力を発揮し続けた超絶高性能バッテリー…と、ジャパリバスには人類の夢と希望が詰まったドリームビークルでありました(そのわりに衝突軽減ブレーキ系の技術が搭載されていないように見えるのは、何か別の理由があるのでしょうか。フレンズが気軽に近寄っても誤作動しないよう、デフォルトではカットされているとか)。

 

なおあのジャパリバス(より厳密にいうと前部トラクター型のトレーラー式バス)、動力機構はもちろん電動だと思うのですが、時折ディーゼルエンジンらしき駆動音&排気音が聞こえることがあり、あれは充電補助用小型エンジン音(つまりシリーズハイブリッド車)か、もしくは車両近辺のフレンズに接近を知らせるダミー音であると考えられます。

 

さて。

これらの性能や特徴についてそれぞれご飯三杯分くらいずつ話せるんですが、本記事担当編集が特に注目していたのは、「操作系インターフェースとしてのラッキービースト」です。まあちょっとこの感動に免じて聞いていただきたい。

近接(非接続・非直接)操作で運転するラッキーさん

作中、第2話でジャパリバスがサーバルさんとカバンさんに発見されると、ラッキービーストがバッテリー切れを指摘します(不具合のチェックセンサーも内蔵しているということ)。その後、充電して以降最終話までずっと、ラッキービーストが車両前部の運転座面に立ち、操縦・園内ガイドを担当しています。

 

運転席には「ハンドル」と、第5話でサーバルさんが、最終話でカバンさんがトラクター部分を操作しているところを見る限り、足元に「アクセル/ブレーキペダル」、コンソール下部分に「始動スイッチ」らしきものが存在するようです。

いっぽうでメーター機器、レバー類(シフト含む)は見えるところには存在しないようで、またラッキービーストが操縦する場合は、ハンドルもアクセルも始動スイッチも操作している描写がいっさいありません。

 

つまりあのジャパリバスは、「人およびフレンズによる手動操作」と「ラッキービーストによる自動運転」の切り替え可能な操作系オンデマンド車両なんですよね。後者を別の角度から言えば、ラッキービーストは「非接続型のジャパリバス操作インターフェース」ということでもある。「お任せ運転機能(会話・修理・解説可能)」が付いたラジコンのコントローラーみたいなものなわけですね。

 

この形式、自動運転と応答型人工知能(三人旅を「楽しかった」と語るあの自律型ガイドロボットの思考経路を「知能」と呼ぶことに反対する人は少ないでしょう)の、すごく幸せな融合だと思うのです。

というのも、現状、この日本で「自動運転車両」がこの先どういう形で普及していくのか、させてゆくのか、国も各メーカーもいまだ模索中なところがあるのですが、ああいう「ラッキービーストのような、運転・解説・操作インターフェースとしての高機能・高好感度キャラクターを運転席に置く(手動に切り替えも可)」というかたちは、非常に有効だと思うわけです。

 

ラッキービーストは最終話で、複数個体の相互通信・一斉情報共有・同期行動が可能だと明かされました。これは車車間通信による事故防止に大変有効です。また音声応答機能とメモリ機能については、軽量小型携帯式(リストバンドとして装着可能)のガラス型チップに分離可能だということも判明しています。

 

これはどういうことかといえば、ラッキービーストの本体と呼べるような機能は腹部(?)の小さなガラス型チップに集約されており(マイクもスピーカーも認識センサーもメモリもOSもあそこに搭載されているっぽい)、あの愛らしい耳と足が付いたボディは、そのほとんどが飾りであり、人やフレンズを威嚇しないための愛玩機能+ジャパリまん製造・貯蔵・運搬・供給装置なのです。

(具体的な描写はありませんでしたが、第9話でジャパリバスが雪道スタック時に短時間でクローラー仕様へと改装しているところを見ると、タイヤ交換や修理等の物理的な整備機能が実装されている可能性はあります)

次ページ:あの切実な現場にジャパリバスがあれば